結婚式 名古屋

【教えて】印刷したハガキを招待状に利用して良いのでしょうか?

Q.少しマナーにうるさい人がおられるので迷っているのですが、結婚式に関するハガキと言うのは「印刷したハガキ」を利用しても良いものなのでしょうか?現代のもので調べてみると、しても問題ないと言うものとマナー違反とするものがあり、大変困っているような状態です。前述のようなマナーにうるさい人がいると言う条件で、どのように対処すべきかを教えて欲しいです。

A.印刷したハガキについては使わないと決めておいたほうが良いです。近年では、結婚式で用いるハガキの書き方がわからない人が増えてきているので、こちらについては式場予約の際に結婚アドバイザー(スタッフ)に相談をしておくと良いです。安城市で結婚式場を探すならココかもしれませんね。

今では、このようなユーザーが予約をしに来るのも想定されていますので、結婚式で用いるハガキの「代筆依頼」と言うのも可能になっています。こちらは、何名分のハガキをどのような条件で出すのか・・・をスタッフに連絡すれば良いだけで、達筆の方が代筆をしてくれるようになっています。また、書体でもそうですがハガキに書き込まれる文字についてはサンプルもありますので、こちらについてはご両名だけでなくご家族の人も呼ばれた状態で確認してみると良いでしょう。

最近では、代筆と言っても柔らかいタッチで書かれているものもあれば、一般の人には呼べないような「達人の筆運び」の代筆までありユニークです。時間にして1時間とかかりませんので、実際にマナーにうるさい人が満足する結婚式で用いるハガキを考えておられるのであれば、このようなサービスを利用すると相手からも感謝されるかと思います。ただ、今ではマナーにうるさい人が減っていますので、通常では結婚式で用いるハガキは印刷のものを用いてもルール上は問題なかったりもします。

【教えて】結婚式で流れるBGMはループしても良いのでしょうか?

Q.結婚式で流すBGMですが自分好みのものを考えています。ですが、その結婚式で流すBGMがあまりにも短い場合にはループするな・・・と言う風に考えているので、これって失礼にならないのか教えて下さい。また、どのようなタイプ(音声あり、なしなど)であれば結婚式で流すBGMとして相応しいのか併せて教えて頂けると助かります。

A.結婚式で自分の人生であったり、ずっと聞いてきたBGMを流される人は多いです。また、BGMに関しては滅多なことではトラブルにはならないものなので、「自分の好きなもの」を数曲チョイスしておくと良いです。

ただ、短い音楽(2分程度で終了するものなど)についてはNGです。すぐに、音楽を聞かれている方々が「何度もループしているな・・・」と感じますし、結婚式そのものに冗長な感じがしてしまいますので注意して下さい。最近では、結婚式用のアルバムもありますので、試聴されてみてどの程度の長さ・音質が良いのかをチェックしてみるのも良いです。

それと、音声あり・なしについてですが、基本的に音声ありについては結婚式用ではないです。スピーチの多い結婚式なだけに、実際に流してみるとボリュームに関係なくスピーチがぶつ切れの状態になってしまいます。このような状態で、結婚式に来訪してくれた主賓などがスピーチをされる・・・と言うのは、スピーチをする側でも聞く側でも余り気分は良くないでしょう。それと、結婚式で流すBGMについてですが長さとしては1曲が3分以上からでオススメですし私達の結婚式でも実用的な範囲でした。

【不安】髪飾りにはタブーがあるそうなので要点を教えて欲しい

Q.髪飾りはかなり個性が表れるとされていますが、タブーも多いと聞き悩んでいます。例えば、色調なのですが白はまずいのでしょうか?私は髪飾りに白だけは取り入れたく、残りのデザイン部分については標準のものを・・・と考えているのですが、ネットでこのような情報を見てからは色調について調べるようになり未だに不安が残っています。

A.結婚式の場合、色調では将来の不安を煽るようなものでなければ問題無いです。また、洋服のようなストライプであったりカラーリングが交錯するのもNGなのですが、それ以外では特に色調にルールは御座いませんのでご安心下さっても結構です。

今回は、髪飾りについてはデザインではなくカラーで不安を覚えておられると言うことですが、白・黒などの一般的なカラーリングのものについてはどなたも不安を覚えておられるのか、同じような質問も多かったりします。ですが、どの時代であっても髪飾りについてはデザインなどの奇抜性であったり、もしくは着用のしやすさのみ問われるようになっておりますので、カラーリングは深く考えないでも良いです。

結婚式は式典となりますので、髪飾りの他に多くの装飾品をつけるという行為はNGになると思っておいて下さい。こちらを守るようにされているのであれば、特に結婚式の服装でトラブルはないかと思います。また、結婚式では髪飾りでもそうですが装飾についてもアドバイザーの方がおられます。微妙に好みのデザインがなかった場合には外注となりますので、髪飾りについてもアドバイザーの方に相談をされて好みのものを作成されるのが無難で御座います。

【不安】結婚式で必要となるブーケのことで不安が一杯です

Q.結婚式にはブーケが必要となりますが、こちらは勝手に予約されているものではないのですね・・・最近になって知りました。そこで質問なのですが、ブーケについてはどうやって手に入れればいいのでしょうか?地方、それとも専門のお店に注文を出すのか?と言う風に不安を抱えておりますので、わかる方に教えてもらいたいです。

A.同じような悩みを抱えたことがありますが、確かに結婚式ではブーケについては自分たちで対応となり焦りました。ですが、このようなブーケについても地方の花屋さんを誰もが利用されているので、地方(ショッピングストア)の花屋さんを利用するようにすると良いです。また、結婚式会場側でもブーケ予約を承っているので、そちらを利用してブーケを用意すると言うのは可能です。

ですが、こちらについては先程の地方の花屋さんのものより確実に高くつきますし、特に大きな差があるわけでもありません。今では、花屋さんと言ってもブーケ作成などのベテランが多かったりもしますので、良く考えずに結婚式会場の方で予約というのではもったいないです。

それと、もし結婚式会場の方でブーケの予約をするのであれば、必ず「割引がかかる予約」の方を選ぶようにしておいたほうが良いです。このようなサービスを行っておりますので、利用しない手はありませんし、何よりも予約されているものは管理が徹底されていますので、当日において微妙に到着するのが遅い・・・と言うトラブルもなかったりするからです。私は、今までに5回以上の結婚式に関わってきましたが、ブーケについては特にこだわり(デザイナーへ指名注文をするなど)がないのであれば、地方の花屋さんを利用で問題ないです。

【Q&A】疎遠であった人についても披露宴には呼ぶべきでしょうか?

Q.昔は付き合いがあったのだけれど、今では疎遠になってしまった人(疎遠であった人)については、結婚式に呼ぶべきなのでしょうか?このような質問では座席数を埋めるために呼んでいると言うものを見かけるのですが、私達はそこまで無理をして席を埋めようとは考えていないので迷っているのです。どのような相手であれば呼ぶべきなのかを教えて下さい。

A.今では疎遠になってしまっている人や、かなり以前から疎遠であった人については結婚式には呼ばないと言うのが基本なので呼ばれている人は気分で呼んでいると言うのが、結婚式の実際であったりします。具体例を申し上げると、まだ若い男性・女性が結婚した場合には同僚などが少なかったりするケースもありますので、過去の友達・・・と言っても高校時代の友達などを結婚式に呼び、座席数をきれいに埋めると言う対応をされていたりします。

しかし、会社などで仕事をされるようになってから長い人の場合、もしくは友達そのものが多い両名であった場合については、結婚式の座席数で空いている座席が多いということはありませんし、そもそもちょっと空いているのを無理に埋めると言うのは、その座席分の相手に対して失礼な行為になります。場合によっては、さらに微妙に余った座席に1名だけ座っている状態となりかねませんし、座席数については無理に埋めないでよいです。

それと、疎遠であった人と言うのは今では結婚式に余り呼ばれなかったりします。最近では地味婚(じみこん)も増えているので、知り合い・友達・家族同士で和気あいあい楽しく結婚式されている人が増えており、若い人でもこれに倣って結婚式を挙げられているような状況です。

【Q&A】結婚資金ってどの位で用意するのが丁度良いのでしょう?

Q.結婚資金はどのくらいで用意をしておけばいいのでしょうか?場合によっては、300万円と言われたり場合によっては500万円と言われたりします・・・。正直、10万円程度のズレであれば微調整が可能なのですが、これほど大きなズレだとどのようにして対処すればいいのか?と考え質問させて頂きました。

A.まず結婚資金についてですが、会場の規模で考えるようにしておいた方が良いです。後になって、いきなり50人以上で呼ぶお客様が増える・・・と言うことはさすがにありませんので。また、一般的な結婚資金について探されても見つからなかったと思いますが、それもそのはずです。結婚式は会場の利用料金が千差万別となっておりますので、会場によっては20~150万円はずれてしまうからです。

ただ、こちらについてはどれだけのお客様を呼ぶのか?で計算をすると、結婚資金についてもわかってきます。例えば、一般的な会場で70人を収容する規模であった場合ですが350万円というのが相場ですから。こちらから大きく金額が上昇すると言うことは滅多にありません。それと、30人程度の小さな規模となると、200万円ほどを想定される人もいますが、会場そのものでは最小の規模となりますので150万円以上とはならないはずです。

また、このような相談を結婚アドバイザーに行うと500万円と言う大金が飛び出る事もありますが、あくまでも「人気のオプション(スモークなど)」をつけて、結婚式以降の二次会サービスなども入れると、このような金額になるだけの話です。通常だと、オプションを抜くと100万円以上は下がりますので、余程の規模の結婚資金でない限りは300万円を下回ると思っておいてよいです。

【ご質問】遠方になる招待客は呼んでも良いのでしょうか?

Q.遠方の方で呼べる人がいるのですがどうすればいいのでしょうか?従来であれば、親族などであれば遠方の方であっても呼ぶほうが良いと言うのは知っているのですが、それとは別件の相手となる場合を想定して、呼ぶべきかを教えて欲しいです。

A.こちらについては、結婚式を用意される側の判断に委ねられます。昔から、親族については座席数の都合もありますので遠方の方であっても呼ぶのが基本とされていました。ただ、これについては他のルールもあります。

例えば、既に座席数に余裕が無い、もしくは遠方の人の交通費を賄うのが厳しい・・・と言う場合には、呼ばないでも結構であったりします。親族であった場合には、その点は配慮して頂けるので、相談を行ってみると交通費についても相手持ちであったりするのですが、それ以外の人の場合にはトラブルになりかねないからです。わざわざ呼んで、その点で揉めると言うのは結婚式を想定すると面白くないものがあります。

また、交通費を賄うのが厳しいだけでなく、祝儀の上で赤字になりそうと思ったのであれば、遠方の人を余り呼ばないようにする工夫も大事です。遠方の人の場合、多くなりすぎると滞在にかかる費用についてはどうするのか?と言う新しい問題が発生するので、まずは両親にこのような場合の慣習を教えてもらうのも大事となります。出来るだけ大勢を呼んで・・・と安易に考えていると、後になって取り繕わないといけなくなるとだけは覚えておくようにして下さい。

それと、滞在費(ホテルの宿泊代)についてもあらかじめ計算に入れておき、結婚アドバイザーにその点の計算もお願いしておくのも効率化を図っていく上で大事です。

【ご質問】招待客への交通費ってどのように対処するば良いのですか?

Q.招待客を呼ぶ際ですが、最初から交通費についてもこちらで出すようにしておくのが礼儀でしょうか?時折、ネットなどでも交通費について書かれているところもあり、どのような範囲で?と言う風に考えているのです。明確な回答を頂ければ助かります。

A.交通費については出さないでも良いです。親しい相手(友達)を誘っての結婚式であれば尚更ですが、そのような対応については過去の結婚式ではありましたが、今では殆どなくなっています。現代では、結婚式会場もホテルなどが指名されるようになっていますし、地理によほど不安がない限りは現地入りするのも難しくはなくなっております。その為、自動車などで遠方から・・・と言う人が多くないのであれば、基本的に出す必要はないのです。

ただ、例外もあります。例えば、仲人・主賓の方々については必ず交通費を出すようにしておきましょう。あなた達の結婚式のために対応をしてくれる方々ですし、どちらも主賓のような存在ですから。また、交通費を渡すだけでなく感謝の言葉も添えるようにしておくと、尚の事結婚式のムードが高まります。それと、結婚式などの会場がどうしてもわからないという人もいますが、その場合にはGPSだけでなく、最寄りの駅まで到着した際には結婚会場のスタッフに呼びに行ってもらうようにしておいた方が良いです。

場合によっては、大人であっても迷子になる人や、同じホテルの別会場に行ってしまう人もいますし、さすがにこのような騒ぎと言うのは結婚式当日に味わいたいものではないからです。

【お悩み】一般的な結婚式の相場がわからないで悩んでいます

Q.そんなに予算の余裕があるわけではないのですが、結婚式ってかなりの金額がかかると聞いたので悩んでいます。大体では、どのくらいの金額が一人辺りの参加で加算されていくのでしょうか?まずは、こちらがわからないと結婚式については不安でいっぱいな状況です。

A.確かに結婚式については結婚式会場費用と言うものがあるので、実際はどのようになっているのか不明であったりします。ですが、実際に結婚式をされた人が支払っている金額を元にするとそこまで計算は難しくありません。

例えば、一般的な結婚式会場で結婚式を挙げた場合ですが3万円~となっております。オプション付きであったり、ホテル挙式の場合には5万円~と考えておくようにすると計算に大きなズレはないでしょう。また、この類の悩みを抱えてらっしゃる方では「祝儀はどうすれば?」と言うものがあります。

先ほどの計算をもって結婚式を見るのであれば、祝儀については2万円~といったところでしょう。さすがに催促するのはいけませんので、結婚式に参加した方々の意向にもよりますが、実際に祝儀と言うのは1~5万円の範囲で多いものです。つまり、祝儀をいれたとしても大半の結婚式においては赤字になると言うのが、今では式場予約の前から既に知られている事なのです。赤字にならないための結婚式と言うのは、さすがに聞いたこともありませんので、先ほどの会場費用を元にして招待客の数を調整するようにするのがベターな対応となります。

【お悩み】結婚式を選ぶ際に最適な方法ってなんですか?

Q.まだ時間に余裕はあるのですが結婚式についてまじめに考えないと・・・と思っています。今、悩んでいるのは結婚式の選び方なのですが、多くの人で一般的もしくは最適とされている方法はないのでしょうか?自分は結婚式について未だ知識がない状態なので、実際に経験のある人から教えて頂ければ幸いです。

A.未だ経験がないそうですので私がお答えします。まず最適な方法と言うのは幾つか御座います。私の場合、結婚式を挙げたのが30代だったので両親との相談から始めたのですが、次のような点を両親に願われ結婚式をあげました。

まず、結婚式で洋式のものにするのかについては結婚される人だけで決めておいて良いのか?と言うのは、両親との相談が必要であったりします。私の場合がこちらだったのですが、勝手に決めてしまうと後になって取りやめ(もう1度選びなおすと言う羽目)になってしまうので、余り「急がない」で決めるというのも大事です。コレを守るかどうかだけで、随分と気分は違ってきますよ。

また、結婚式=派手の図式は古いです。今では流行っていないだけでなく、相手が無知なのを良いことにオプションをどんどんと付けてきます。お料理などが特にそうなのですが、このような案内が多いと言う結婚式についても後悔されている人は多いです。こちらについては、ネットだけでなく友人からもアドバイスを貰い、私はそれに従ったのですがシンプルであっても結婚式は結婚式です。

何より金銭については気にし過ぎると段々と「もう考えるのが面倒!これでいい・・・」なんて、なってしまうので注意しましょう。私もそうなりましたが、妻がかなりのんびりとした人だったので思いとどまることが出来ました。基本的に結婚式では相談をし、家族とも話し合い、それから結婚アドバイザーに相談をするのが理想です。思い誤って結婚式場でサービススタッフとして働かれている人に全部任せてしまわないように注意して下さい。

サイトマップ